記事リスト

選ぶ基準をチェック

床

耐久性で選ぶなら

床がフローリングの住宅に住んでいるという場合、メンテナンスとしてフロアコーティングの施工を行うことをおすすめします。何も施していないフローリング材は傷がつきやすく、経年劣化によって色褪せもするので、劣化具合によっては張替えのリフォームも必要です。床を全て新しいフローリング材に張替えるとなると、時間だけでなく高額なリフォーム代金もかかり、大きな負担となってしまうでしょう。そこで、おすすめなのがフローリングに傷をつきにくくする、フロアコーティングの施工を行うというものです。フロアコーティングには様々な施工法があり、よりフローリングの耐久性を良くしたいという場合は、耐久年数が最も長いUVコーティングがおすすめです。UVコーティングはポリウレタン樹脂に紫外線を当てて硬化させる施工法で、耐久年数は何と20年から30年とも言われています。これだけ長い期間、様々な衝撃による傷からフローリングを守ってくれるので、できるだけ耐久性の長い施工をという場合は、UVコーティングをチョイスしましょう。またUVコーティングは耐久性に優れているのはもちろん、フローリングを美しく見せる効果も高い施工法です。施工後のフローリングは、まるでピアノの表面のようなツヤ感が出て、光をよく反射しよりピカピカと美しく輝きます。ツヤ感のあるフローリングが好みという人にも、床が輝くUVコーティングはおすすめの施工法と言えるでしょう。